FLAPSの製品
06-6437-8820

平日9:00~18:00 営業部まで

在庫を多く持つことのメリット・デメリット

多くの企業は、商品を製造したり仕入れたりして、その商品を販売し利益を得ています。商品を在庫し顧客が欲しい時に必要な数量を、売れるようにする必要があります。
しかし、在庫を持つことは、同時にリスクを抱えることに繋がります。保管コストや廃棄コストが発生することは勿論、商品が売れなければ生産や仕入れに投資した資金が回収できず、会社の経営にも影響を及ぼします。

メリット
品切れによる販売機会の損失が防げる
急な需要増加や不測の事態に速やかな対応が可能になる
デメリット
資金を無駄に遊ばせる
新たなコストを生み出す
在庫を処分するためにコストが発生する

在庫は人間の「脂肪」のようなものです。 在庫は売上を(利益)を稼ぐモノである反面、必要以上の在庫は様々な弊害を引き起こす厄介者です。売上増加と在庫適正化の両立は、在庫持つ企業にとっては大きな課題となっています。

では、余分な在庫を減らし、適正な在庫量を維持するためにはどうすればいいのでしょうか?

  • ※本コラムは、公開日時点の情報で記載しています。情報は今後変更または更新される可能性があります。

財庫プランナー|過剰在庫の見直しで利益アップ!|無償 適正在庫量をチェック

財庫プランナーについてお問い合わせはこちら